読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライターが教える、正しい美肌のつくり方

美容ライターRADAがたどり着いた美肌をつくり、キープするための情報を発信していきます。

紫外線からお肌を守る! 日焼け止めの数値の見方

f:id:radaso:20160722024821j:plain

前回は紫外線と日焼けの仕組みをお話しました。

基本がわかったところで、やるべき対策を考えてみましょう。

 

まだ読んでないよ!という方はコチラ→ 後悔しないための日焼けと紫外線の基礎知識

 

日焼け止めを見ると、2つの表記があることに気づきます。

「SPF40 PA+++」

「とりあえず、数値が大きいのを買っておけば大丈夫!」なんて思っていませんか?

そのやみくもな選択が、美肌づくりを遠ざけているかもしれません。

 

UVBに効く「SPF」。日焼けをどれだけ遅らせるかを表示

SPFは、Sun Protection Factorの頭文字をとったもので、「紫外線防御指数」と言います。この防御の対象になるのがUVBです。

SPFが表す数値は、その時間を遅らせることができる時間。つまり、「SPF30」は日焼けを30倍遅らせることができるということです。

紫外線が当たりだしてから日焼けする(専門的には紅斑という赤い斑点がでてくるまで)の時間が15~20分だと言われています(20~25分という説もあります)。

 SPF30=20分×30=600分

つまり、10時間の間、日焼けを遅らせることができるということです。

ただし、これは一般的な数値。15分~20分というのはあくまでも基準なので、実際には肌が弱く10分で焼けてしまう人もいます。この場合は、「10分×30=300分」。つまり5時間遅らせる効果しかないことになります。

 

とはいえ、「とりあえず数字の大きいもの」と思うのは大間違い。数字は時間の長さであって、日焼け防止の強さではありませんから、数字の大きさに安心するのは意味がないんですね。

 化粧品メーカーは、「レジャーにはSPF50で、ショッピングにはSPF30」などといっていますが、専門的な見地からいえば、「レジャーは35、日常は10」で十分。大切なのは使い方です。

 

UVAに効く「PA」。表示は4段階

つづいてもうひとつの数値「PA」です。

これはProtectiom Grade of UVAから来たもの。PAのAは、UVAのAなんですね。

 PASPFのように数字で表すのではなく、「+」の数で表示されます。ランクは4つです。

 

PA++++      極めて効果がある

PA+++        非常に効果がある

PA++     かなり効果がある

PA+     効果がある

 

ちょっとザックリな感じもしますが、数値化されているよりも分かりやすいかもしれません。

選ぶ際の基準は、日差しの強さ。真夏のさんさんと照りつける太陽には「PA++++」が必要ですが、室内では「PA+」で十分。真夏を過ぎれば「PA++++」は必要ありません

ただし、UVAは一年中降り注いていますので、冬場でも外出する時には「PA+」くらいのスキンケア製品を使うことをオススメします。

 

日焼け止め数値の見方はお分かりいただけたでしょうか?

「思っていたより低い数値でいいんだぁ」と思われた方が多いかもしれませんね。美肌のためには、効果が高いものが必ずしもプラスになるとは限りません。お肌への負担を考えると適度なものを選んで、正しく使うのが大切。

次の記事では、そのあたりのお話をしてみたいと思います。