読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容ライターが教える、正しい美肌のつくり方

美容ライターRADAがたどり着いた美肌をつくり、キープするための情報を発信していきます。

乾燥肌の増加としっとり化粧品の増加にお肌のピンチを感じています

f:id:radaso:20160818025908j:plain

昭和時代に比べて女性の見た目年齢が大幅に若くなりました。それは多くの化粧品が開発され、お肌をいつまでも若々しく保てるようになったおかげなのですが、その一方で自分が乾燥肌だと思う人が多くなっています。それに対応するように化粧水は「しっとりタイプ」が大人気。

ここに今どきの肌ケアのリスクが潜んでいるのかもしれません。

 

30年で乾燥肌が増え、化粧品が爆発的に増えた!?

その昔、「乾燥肌は老人が抱える肌トラブル」と言われていました。「敏感肌」の人はいても、「乾燥肌」だと思う若い人はあまりいなかったように記憶しています。そこには湿度が高い風土も影響しているでしょう。

でも今は、若い頃から乾燥肌に悩む人が多くなっています。

化粧品はここ30年で大きく変化しました。そこには、化粧品ビジネスが投資に見合う収益を上げられるために、メーカーが研究開発に多大なお金をかけてきたという背景があります。そのおかげで、新しく発見された成分も多くあります。

ところが、化粧品ビジネスは収益をあげやすい反面、競合も多い業界です。メーカーは生き残っていくために、新しい製品をどんどん世に送り出します。

それは年齢を細かく分けた商品をつくって、愛用者を長く離さないようにしたり、アイテムを増やして客単価を上げたりといったことです。

 

見た目は若くても、肌はしっかり老化しているかも

これにより、お肌は常にたくさんの栄養を与えられ続けるようになりました。その結果、いつまでもお肌がキレイな人が増えたのは間違いありません。

ところが、常に過剰に栄養を与え続けられる肌は過保護な状態にあります。こうなると、本来肌が持っている再生能力や治癒力は不要となり、「働かない肌」ができあがります。

肌が持つ機能の中でも重要なのが保湿力。しっかり働く肌は、自然に保湿するチカラを持っているのですが、常に過保護にされると、この保湿力がどんどんと弱くなります。

同時に、年齢を重ねることでお肌は衰えていきます。それでなくても働かない肌は、ますます働かなくなり、ますます外から保護してやる必要がでてきます。

その結果、ちょっとしたことで肌が乾燥してしまう人が増えてしまったのではないかと思います。つまり、見た目に反して、肌の機能は老化してしまっているのです。

 

乾燥肌が多いから、しっとり化粧品が売れる

最近は化粧水や乳液が各世代用に細かく分けられています。中でも35歳以上をターゲットにしたものは「しっとりタイプ」が充実していて、「しっとり」「もっとしっとり」「もっともっとしっとり」と、「どれだけしっとりさせたいんだよ!」と思わず突っ込みたいものもあります。

10年程前の話になりますが、ファンケルの40代向けの新商品が発売されるときにコピーライターとしてかかわらせていただきました。その際、商品には「しっとりタイプ」と「さっぱりタイプ」があるにも関わらず、広告はまるで「しっとりタイプ」しかないような作りになっていました。

当時の私の周りは、若干年齢が若かったこともあり、さっぱりタイプを使う人がほとんどでした。しっとりニーズの高さに疑問を感じ、何度も確認しました。

「さっぱりがあることも書いたほうがいいんじゃないですか?」

「いやいや、とにかくしっとり押しで」

そんな会話を何度となくしたことを覚えています。

もちろん根拠はマーケティングデータに基づいたものなのですが、その背景には乾燥肌の増加があったのは間違いありません。おそらくこの頃が、ちょうどしっとりが優勢になりだした時代だったのではないかと思います。

 

将来を考えるなら、肌を育てることが大切

もちろん、この先もずっと高価な化粧品を使い続ける気合いがあるのなら、今のままでも構わないと思います。

でも、働かない肌はちょっとしたトラブルにも対応できません。ホルモンバランスの変化や体調不良に対応することもできないこともあります。ちょっとした病気で一気に老け込んでしまうなんて、受け入れがたいことではありませんか?

そうならないためにも、過保護美容を見直し、自分の肌を育てるスキンケアをすることが大切なのではないかと思います。